そもそもどんな間取りがいいの?理想の部屋のための間取り探しの巻 〜窓編〜|メビウススタッフがこっそり綴るインテリアコーディネートメモ

こんにちは!

ヴィンテージショップメビウス、スタッフ ミシオです。


みなさま、最近太陽にちゃんと当たっていますか?


私のお部屋は窓が大きく、採光量が多いので、毎日しっかり朝日で目が覚める生活をしています。

カーテンも透け素材なので、程よく太陽光が入ってきて気持ちがいいんです。

夜は夜で窓を開ければ風がそよそよ入ってくるので、夜風に当たりながらぼーっとする至福の時を過ごしています。(星が見えれば完璧なのですが)

(写真:入居日の何にもない私のお部屋withぬいぐるみ達)



さて、そんな太陽女ミシオがお送りする、こっそり綴るインテリアコーディネートメモ。

本日は窓に注目したお話です。



-------



窓は生活の中で欠かせない大事な要素の1つです。

完全な地下室でない限り、絶対に窓は存在しますよね。


窓は

・採光

・遮光

・断熱/遮熱

・防寒

・防風

・換気

・防犯(部屋の中が見えないように景色を遮断)

など、様々な機能を持ったインテリア。


窓の向きや大きさ・高さで、部屋にどれくらい光や熱、風が入るのか。

例えば向かいのマンションからどのように見えるのか、などが全然違ってくるのです。

また、換気がしやすいかどうかも、湿気大国の日本では大事なポイント!どんなに寒い日でも、定期的に換気をしなければダニやカビなどが発生しやすくなってしまうのです。。

また、家具やお洋服の日焼けのしやすさなども影響してきます😭つまり、窓の場所次第では日焼けを避けるために窓際に置きたかった家具が置けない!なんてことも。


というわけで、どんな窓が自分の生活に適しているのかをどういうポイントで見るべきなのか、そしてどんな窓のコーディネートがあるのかを本日はお話できればと思います!

どうぞお付き合いくださいませ。




1.種類について


まずは窓の種類について。

一口に窓といっても様々な種類がありますが、日本の住宅で一番多いのは「引き違い窓」ではないでしょうか。

引き違い窓とは、上下にレールが付いており、左右に窓を移動できる襖のような窓のこと。


画像のように、窓の下部分が床に接している窓は「掃き出し窓」と呼ばれます。

掃き掃除をした後、ほうきで掃いたゴミをそのまま外に出せる窓、という由来があるそうです(豆知識!💡)


掃き出し窓の大きなメリットは、多くはベランダやバルコニー付きの住宅に付いているためそのまま外に出られる利便性があります。お部屋が1階の場合は、自転車などを掃き出し窓の前に置いておく、なんてこともできますね。

壁の多くが窓になるため、太陽光が部屋にダイレクトに差し込む場合が多いのもです。(これは勿論部屋の向きによって違います)

また、壁の多くが窓になるという点で、カーテンの柄や色で楽しめるのも、インテリアコーディネートが楽しくなるポイントですね。

どれくらい窓を開けておくかの調整が楽なのも嬉しい点です。



また、同じ引き違い窓でもサイズが小さく、腰より上の高さにある「出窓」があります。

出窓は、画像のように屋外側に張り出しているのが特徴。張り出し方も、画像のような台形から弓形、三角形や四角形など色々あり、外観の雰囲気や、室内側に物を置けることから人気の窓の種類です。


出窓はサイズ自体は小さいですが、出窓の位置や方角によって陽の入り方が変わるので侮らずに要チェック!

また外からの見えやすさなどもしっかりチェックしておきたいポイントです。せっかく出窓があっても、出窓のすぐ向かいに違うアパートが建っていて光が何も入らない!なんてこともありますので、位置や開けた時の景色もチェックしたいポイントです。



写真の窓は「上げ下げ窓」。名前の通り、窓を上げたり下げたりすることで開閉を行う窓のことで、レトロ感・洋風感が出ることからこちらも人気な窓です。

先ほどの出窓とは違い、屋外側に張り出していないので、窓際に物を置くことはほぼできませんが、開閉のしやすさやベランダの緑の取り込みやすさがポイントです。

こちらは縦に開閉する窓なので、カーテンも横開きではなくブラインドのような縦に開閉するタイプのカーテンを選ぶ必要があります。

こちらも出窓同様、外からの見えやすさと開けた際の景色等チェックしておきたいですね。



日本の賃貸では他にも「すべり出し窓」(ドアのように斜めに開閉する、オフィスでもよく見られる窓)なんかも使われています。また、網戸の有無も、夏場〜秋には重要になってきます◎

いずれの窓も、

・窓の方角(光の入りやすさ・入りすぎないかのチェック)

・窓から見える景色

・外から室内がどの程度見えるか

・部屋のどこに位置しているか(換気のしやすさ)

・理想のインテリア、カーテンに合う窓かどうか

をチェックしましょう!

1から作る持ち家であればお好みの窓にカスタマイズできるのですが、賃貸の場合はそうはいきませんからね。。。




2.ウインドウトリートメントについて


ウインドウトリートメントとは、窓周辺の装飾のこと。カーテンは、お部屋の中でも大きな面積を占めるインテリア。ここで、どんなウインドウトリートメントがあるのか?をご紹介していきます!


こちらはイエローの無地が白い壁とグレーのソファとのコントラストが美しいコーディネート。

ひだやギャザーがなく、ストンとしてすっきりとした印象です。右に写る同じカラーのクッションとのコーディネートが💯!

大きな出窓を活かし、カーテンの間から観葉植物を覗かせているのもおしゃれです。

カーテンの生地も分厚く、遮光性/遮断性も優れている機能性も兼ねています。



先ほどのコーディネートは一枚のカーテンでしたが、こちらはレースカーテン・薄い柄の生地・無地の生地×2の計4層の重ねスタイル。掃き出し窓のような大きい窓を活かしたコーディネートです。

日中は片方だけをタッセルでまとめ、外からの光を取り入れながら、同系色であるグリーンのチェアを飾りでディスプレイすることで、ただの窓からまるでお店のような美しい一角の完成!

柄の色が、上に重なる2色のカーテンと同系色なので派手な柄でもまとまりがあり、すっきりとした印象を与えることができます。

時間帯や季節によって、4層の使い方を変えて楽しめるのが💯です!




また、カーテンの上部のみに小さくかけるコーディネートも◎

こちらは、先ほど出てきた上げ下げ窓にぴったり。洋風で、ゴージャスな雰囲気を出しやすいことから人気のコーディネートです。


画像のカーテンは淡いグリーンの生地の先端に飾りが付いており、窓際にそっと華やかな印象を与えます。



こちらは掃き出し窓のトップに飾りをつけたアイデア。

レースカーテン・無地のオーガンジーのようなふんわりとした淡い無地のカーテンと、遮光性/遮断性の高いピンクのカーテン、そのカラーに合わせた同系色の飾りがまとまりがよく、すっきりとした印象です。

トップの飾りのポンポンと、タッセル部分の飾りのポンポンの統一感も、細かい部分までコーディネートされた窓ですね。


手前の水色だけ閉めた際はおそらくお部屋が明るい印象に、奥のピンク系のカーテンを一緒に閉めれば遮光性/遮断性に優れた窓になり、2wayで楽しめるのもポイントですね。

こんな子供部屋だったら、毎日宿題をやる時間も楽しくなっちゃいそうですし、毎日お友達を呼びたくなるお部屋になりますね。




また、こちらは縦に開閉するタイプの「ローマンシェード」という種類のカーテン。

紐を引くことで操作ができるようになっており、左右開閉のカーテンに比べ、生地の柄が楽しめるコーディネートです。

映画などでもよく見られますね。


画像は、麻のような透けやすい分厚い生地を用いることで、優しい雰囲気の窓を演出。

生成色と濃いブラウンの落ち着いた柄の入った窓の手前には、色を合わせた雑貨が置かれ、シンプルながらも計算された窓が完成されています◎

外の緑も景観に取り込み、自然も感じられる温かい雰囲気の窓際が素敵です。




また、羽根を意味する「ブラインド」と呼ばれるものもあります。羽根がパタパタと回転するので、光や視線を自由にコントロールできるのが魅力です。

素材にはプラスチックや木、アルミに樹脂を焼き付けて塗装したものなどが一般的。

画像のブラインドは濃いブラウンで、お部屋の各インテリアのブラウンと白の2色でまとまったお部屋になっています。

ブラインド最大の特徴は閉めた状態でも光の量を調整できるところ。画像では閉まっていますが、開ければ光がたくさん入り、お部屋の雰囲気も変わって楽しめそうです◎




いかがでしたでしょうか?


生活に密接しながらなかなか自分でカスタムすることは難しく、かつ多くの面積を占める「窓」。

窓をモノにすることで、賃貸でも理想のお部屋に近づくこと間違いなし!

ぜひ参考にしてみてくださいませ🌟




ここまで読んでいただき、ありがとうございました🌹

メビウス公式オンラインショップ、日々更新中です!ぜひチェック!

https://mobius.buyshop.jp/

メビウスまでのアクセス▽

https://www.r-mobius.com/access


(記事内画像:Googleより引用/一部スタッフによる撮影)